見出し画像

【事例紹介】男性社員の育休取得実績についてご紹介します!

こんにちは!
ライズ・コンサルティング・グループ広報担当です。

本日はライズの社内制度の一つである、育児休業制度についてご紹介します。

今回は、最近注目を集めている「男性の育休取得」に焦点をあて、実際に2か月間の育休を取得されたマネージャーの藍さんにお話を伺ってきました。


――藍さんは昨年末に育休を取得されていましたよね。育休取得は、いつ頃から検討し始めましたか?

 「育休の取得を検討し始めたのは、妻の妊娠が分かってからですね。出産後のことを考えると、自分が仕事をしながら妻1人で育児をスタートするのは大変だと思い、最初から迷うことなく育休を取ることに決めました。ちなみに、コンサルタントとしての癖があり、その時ネットで男性育休取得率を調べてみたのですが、その低さに驚きました(笑)。」

――育休取得にあたり、不安に思うことはありましたか?

 「大きく2つありました。

 1つ目は、育休申請を承認してもらえるかどうかということでした。しかも、2カ月というやや長めの期間を希望したこともあり、通常よりさらに難しくなるのではないかと、当時は心配していました。制度はありながらも取得事例があまりなかったので、本当に取得できるのか心配でしたね。

 2つ目は、復帰後に仕事と育児を両立できるかどうかということでした。子供の世話を見ながら、今までと同水準、またはそれ以上のパフォーマンスを出せるのか、というところに少し不安がありました。」

――やはり不安はつきものですよね。育休取得を打診した際、上長や周りの様子はどのような感じでしたか?

 「最初はメンターとの相談をしてみました。「おめでとう!」、「全力でサポートしますよ!」というあたたかい言葉を頂き、とても安心したのを覚えています。

 その後、プロジェクト上司と承認者にも打診して、いずれも「おめでとう!」、「ぜひぜひ!」という調子で快諾していただきました。

 率直に、感動しました。こんなにスムーズに快諾してもらえるとは思っていなかったので、とても嬉しかったです。周囲の温かさを感じました。」

――育休の取得が決まった後も、社内の申請手続きや業務の引継ぎなどがあったかと思いますが、そのあたりはスムーズに進みましたか?

 「申請手続きに関しては、社内の人事担当者が丁寧に案内・代行してくれて、実際に自分自身で行うことは本当に少なかったので、特に問題はありませんでした。また、ありがたいことに、出産の特別休暇などのほかの休暇制度を併用することで収入への影響が少なくなるというアドバイスもいただきました。やはり収入面に関しても一定の不安はあったので、そのような案内をして頂けて非常に有難かったですね。

 また業務については、社内に打診した時から、後任者の確保など引継ぎの準備を迅速に進めて頂くことができました。後任者への引継ぎには大体1カ月ぐらいかかりましたが、しっかり引き継ぎを行うことが出来ましたし、クライアントとのコミュニケーションについても上位者の方がサポートして下さったおかげで、スムーズにできたかと思います。」

――育休を取る際、ご家族やご友人などに相談はされましたか?

 「最初から育休を取る方向性でいこうと思っていたので、育休をとることに関しては周りの人との相談はほとんどしていませんでした。「育休を取得するよ」と周りの友達に共有した際に、「おめでとう!」、「頑張ってね!」という言葉と、育児のアドバイスもたくさんもらいました。」

――育休取得中の様子を教えて頂けますか?

 「最初は経験がないこともあり、妻と共に同じタイムスケジュールで息子の世話をしていましたが、その結果うまく休みが取れずに2人とも疲れてしまっていました。笑 それを踏まえ、3時間交代の体制を決めて実施することで、やっといいサイクルができていったかなと思います。

 このとおり、育休に入る前は育児期間中の役割分担を全く決めていませんでした。プロジェクト運営の観点からみればだめですね。笑 出産は妻の体へのダメージが大きかったので、話し合いなどは特にせずに、ほぼすべての家事を私が担当していました。育休前までは買い物、料理、掃除などの家事もやっていたので、特に問題なく進んだかなと思います。また、息子を見る役割は妻がメインで担ったのですが、寝かしつけや沐浴などもできる限り分担していました。

 また、家族の思い出をきちんと残したいという想いがあり、定期的にカメラで息子の写真を撮っていました。家族全員の写真が少ないことに最近気づいたので、これから積極的に撮って思い出を増やしていきたいと思います。」

育児写真

息子さんとの2ショット


――育休を通じて変わった考えなどはありますか?

 「3つのことについて変わったなと思います。

 まずは子供に対する考えです。今までは子供にあまり興味がなかった私ですが、息子が生まれてから子供が好きになりました。他人の子供も可愛く見えるようになりました。笑 

 また、自分の働くスタイルについても変化がありました。今まではまとまった時間でないと集中できないタイプでしたが、子供ができてから、スキマ時間の有効活用を重視し始めました。
 
 最後に、自分の性格も少し変わりつつあるような気がしています。これまでは、もし何か問題が起きても臨機応変に対応すれば良いだろう、という考えでしたが、子供のために少しずつ計画性をもつようになったと感じます。」


――実際に育休をとってみて、いかがでしたか?


 「一言でいうと、よかったです。睡眠不足などで少し大変でしたが、想像以上に毎日楽しかったし、とても幸せな時間でした。他の方にも強くお勧めしたいと思います。

 まず、子供の成長にスタートラインから関与できたことはとてもよかったです。出産後の赤ちゃんの初写真、「アー」や「ウー」をはじめて発声したとき、笑えるようになったときなど、おそらく育休を取得していなかったら立ち会えなかったであろう数々の子供の成長の瞬間を目に焼き付けることができました。今振り返っても感動の気持ちが止まりません。

 また、育休を取得したことによって、夫婦間の信頼関係も向上できたと感じました。新たに2人で同じ目標に向かって一緒に走っていくことになるので、今まで以上にお互いをサポートして頑張っていこう、という気持ちになりました。

 男性の育休取得は、女性に比べて事例が少ないこともあり、踏み出すことができない方も多くいると思います。今回の自分の取得事例が、悩んでいる人に対しての判断材料や、背中を押すきっかけになるととても嬉しいです!」

この記事が参加している募集

#社員紹介

6,649件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。 ライズ・コンサルティング・グループへご興味をお持ちいただけましたら、下記ボタンをクリックしてお気軽にご応募ください。