見出し画像

大手ファーム出身者が語るRISE入社の決め手

こんにちは!
ライズ・コンサルティング・グループ広報担当です。

現在、RISEでは更なる成長に向けて、中途採用を積極的に行っています。今回は、そのなかでも大手ファームからRISEに転職したシニアマネージャー・マネージャーの“入社の決め手”についてフォーカスを当てたいと思います。



■シニアマネージャー工藤さん(アクセンチュア/アビームコンサルティング出身)

ライズへの転職を決めた理由は、自分の裁量で働ける部分が多いと感じたからです。ご存じの方も多いかと思いますが、大手コンサルティングファームではオファリングベースの提案がほとんどです。会社として共通の結論・ソリューションを持つことで意思統一が図れ、プロジェクト間のブレも少なくなるのでオファリング自体は合理的なものであることは理解しているのですが、一方でクライアントの事情よりも結論優先の印象で違和感を覚えることもありました。

正直ライズのことは知らなかったのですが、カジュアル面談や選考が進むうちに型にはまらないスタイルに興味を持つようになりました。前職の仕事の区切りの関係で、カジュアル面談から本選考、内定から入社までの各ステージの間隔がかなり空いてしまったのですがネガティブな反応なく受け入れてくれたことで、自分が本当に必要だと思ってもらえていると感じることができたことも理由の1つです。

■シニアマネージャー石野さん(野村総合研究所出身)

直感で「いいな」と感じ、きちんと考えて「やっぱりいいな」と確信したためです。

転職エージェントに紹介されるまでライズのことを知らなかったのですが、そこでの会社説明に惹かれて意中の企業になりました。当社の特徴である「インダストリー、ソリューション関係なく多様なプロジェクトにアサインされること」、「新興ファームならではのスピード感や裁量」が自分の軸に合って光って見えたのだと思います。

例えば、IPOを間近に控えていること。IPOを経験出来ること自体が貴重ですし、「これから自分の力で会社を成長させていける」という醍醐味は、大企業では味わえないものだなと感じました。

また、将来的にベンチャーキャピタル、M&A、ファンド領域を目指しているというのも響きました。それらをすべて含め、自分の価値観に合うし、ジョインするベストなタイミングだなと確信し、入社を決めました。

■マネージャー松本さん(IMJ/アクセンチュア出身)

「転職を決めた理由は、コンサルタントとしての成長はもちろんのこと、自社の成長に直接関与できると思ったからです。

大手のコンサルファームは、企業としての基盤が整っており、ガバナンスも効いているため、良くも悪くも合理的です。自社またはパートナー企業のソリューションを掲げたオファリングベースの提案が多く、そのような中でクライアントファーストの支援ができているか、懐疑的な部分がありました。

また、戦略策定後のエグゼキューションに関わることができず、描いた戦略が実際に上手くいったのか、いかなかったのか。また、上手くいかなかった場合、その原因は何か、どう改善すべきだったのか、など手触り感のある支援ができず、クライアントの企業成長に直接関われないことにフラストレーションも感じておりました。

実はライズのことは全く知らず、別でスタートアップの部門責任者としての内定も頂いていたのですが、選考で話を伺うにつれて、ハンズオン型での支援ができること、IPOを目指しており自社の成長施策にも大きく関与ができること、等に強い魅力を感じたため、ライズへの転職を決意しました。」

■マネージャー林さん(デロイトトーマツファイナンスアドバイザリー出身)

純粋に楽しそうだったからです(笑)

出来上がった大きな組織より、上場に向けて成長のために色々と試行錯誤していく環境に魅力を感じました。

自分の行動や成果が会社の成長に繋がっていくことが分かりやすい会社がいいなと思っていました。仕事は手触り感重視。

コンサルとしてより成長するために企業の戦略面、オペレーション改善に携わることができることは大きな魅力の一つではあるのですが、それ以上にHands On Style として企業に入り込んでいくスタイルは自分の強みが活かせると思っていました。

最後の決め手は役員の方々の魅力ですね。
面接いただいた役員の方々に多様性があったのでいい組織そうだなと。社長は過去に可愛がってもらっていた上司と似ていたので、単純にやっていけそうな感じもありました(笑)

■シニアマネージャー水野さん(PwC/IBM出身)

魅力を挙げればキリがないですが、決め手は魅力ではなく「出会い」と「タイミング」です。

2年ほど前、コロナの第一波が来る直前に、現社長&当時取締役だった北村さんにお声がけいただき面接に進みました。オファーをいただいた時にはコロナ第一波が来た後で、転職リスクが大きいとの判断から一度お断りしたんです。「一度」とつけた理由は、その後もお誘いをいただいてはお断りして、ということを数回繰り返した後しばらくコミュニケーションが途絶えて。

それで1年ほど経った頃、私から連絡したら、ちょうど北村さんから「コロナ禍でも業績伸びてるぜ!そして自分社長になるぜ!」との返信をいただき、こりゃあ何か面白いことができるのではないか、という期待とともにライズで働くことを決めました。こういう経緯で「出会い」と「タイミング」が決め手なのです。

―――――――――
いかがだったでしょうか?最初はRISEを知らなかった人が多いのは、広報としては課題が残りますが…
カジュアル面談などを通して、じっくりお互いを知ることを中途採用プロセスでは大事にしております。RISEとしては、一人でも多くの方とお会いしたいと思っておりますので、是非一度カジュアル面談にお越しください。

画像1

noteにあわせて、公式インスタグラムもフォローお願いします!

画像2


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。 ライズ・コンサルティング・グループへご興味をお持ちいただけましたら、下記ボタンをクリックしてお気軽にご応募ください。