見出し画像

自分の行動や成果を会社の成長に繋げていくことができる環境に惹かれて入社【マネージャー林さんインタビュー】

こんにちは!
ライズ・コンサルティング・グループ広報担当です。

本日は中途入社でマネージャーの林さんをご紹介致します。


――林さん、本日はよろしくお願いします!

「よろしくお願いします!」


――林さんはこれまで様々なご経験をされているとお伺いしていますが、これまでのキャリアはどのような感じだったのでしょうか。

「はい。私は新卒で地方銀行に入社し、主に法人営業や事業再生業務、企業内組合の委員長、地方創生業務を経験しました。地方の中小企業への融資業務を通じて企業、社会の仕組みを肌感覚で理解できたことはキャリアのベースとして大きかったです。

ただ再生支援業務の中で、このままでは経営についてのアドバイスができないと思い、MBAの資格を取得しました。MBAを取得する過程で優秀な人達に囲まれて勉強するようになり、自分の知識や経験不足を痛感するとともに、よりレベルの高い環境で仕事をしたいと思うようになったので、DTFAのリストラクチャリング部門に転職しました。

デロイト時代は主に事業DD、財務DD、計画策定支援を行っていました。激務でしたが、退職前に再生M&Aも経験させてもらって、非常にいい時間を過ごせました。」


――非常に勉強熱心で向上心を感じます!そんな林さんがライズで働くことを決めたのはなぜですか?

「純粋に楽しそうだったからです(笑)

出来上がった大きな組織より、上場に向けて成長のために色々と試行錯誤していく環境に魅力を感じました。

自分の行動や成果が会社の成長に繋がっていくことが分かりやすい会社がいいなと思っていました。仕事は手触り感重視。

コンサルとしてより成長するために企業の戦略面、オペレーション改善に携わることができることは大きな魅力の一つではあるのですが、それ以上にHands On Style として企業に入り込んでいくスタイルは自分の強みが活かせると思っていました。

最後の決め手は役員の方々の魅力ですね。
面接いただいた役員の方々に多様性があったのでいい組織そうだなと。社長は過去に可愛がってもらっていた上司と似ていたので、単純にやっていけそうな感じもありました(笑)」


――成長ができる環境と人の魅力が決め手だったのですね。現在林さんが参画しているプロジェクトや施策、それに対して思うことなどあればぜひ教えてください!

「今は大手企業の営業支援と大手商社の働き方改革支援を行っています。どちらのプロジェクトも面白いです。

営業支援については、営業の業務プロセスの中でそれぞれ課題を定量・定性面で把握し、それに対して対策を立案し、実行の支援を行っています。
調査等やレポート作成も行うのですが、Hands On Styleなので、自分自身が営業に帯同することもあります。

コンサルでありながら、事業会社の社員の一員として働いている感じがするので、コンサルと事業会社の良いとこ取りができており、仕事に手触り感があります。

Riseが打ち出している 「Scopeless」というスタイルは、企業の日々変化する顧客ニーズに対して迅速対応できるためクライアントに感謝されている点です。とにかく顧客の成果にコミットするという点で目的がはっきりしているので僕はやりやすいです。

施策はM&Aとファンド事業、fintech施策に参加しています。将来はこの会社でファンドを組成して、自分がいいと思った会社に投資をして経営に参画したいと考えています。そのためにファンド事業の施策には今の段階から関わっておきたいです。」

――入社の決め手は「楽しそうだったから」ということでしたが、実際にライズで働いてみて感じたギャップや感じたことがあれば教えてください。

「ギャップは少ないです。当時、内定いただいた企業を数社比較して、働く上で満足度に影響する要素を分解して、そこに重みをつけて分析しました。Riseが自分にフィットするかを分析していたので、入社後も大きなギャップなしです。

また、想像以上に皆さん優秀な方で驚きました。大手ファーム出身者が多く、プロジェクトで関わった方やメンターの方が優秀な方達なので、安心して指導を受けることができます。また若手も仕事に裁量があるので成長が早いです。

あと会社としてワークライフバランスへの配慮がいいですね。
当然コンサルなので忙しい時期はあるのですが、会社として個人の健康を本気で考えてくれているのが伝わってくるので、安心して働けます。前職でほぼプライベートがなく妻と子供に迷惑をかけていたので、転職して妻と子供が一番喜んでいます。」

――今後、林さんが関わっていきたい業務や挑戦したいことなどありますか?

「優秀な先輩達に追いつくまで、できる限り色々なプロジェクトを経験したいとは思っています。
また金融機関への恩返しという想いがあり、何かしら金融機関に関連するプロジェクトにも携わっていきたいです。
挑戦という観点では、ある程度経験を積んだらファンドの投資先のバリューアップをやっていきたいですね。前職での経験も活きてくるはずですし。
そのために、企業の戦略やオペレーションの改善のプロジェクトを経験して実力をつけておきたいです。」

――そうなんですね、ありがとうございます!では最後に、先ほどワークライフバランスがとれるようになりご家族にお喜びいただけたということでしたが、休日はどのように過ごされていらっしゃいますか。

「普段の休日はスタバで本を読んだり、好きな音楽を聴きながらランニングしたりしてリフレッシュしています。

今はコロナの影響で旅行できないですけど、本当は旅行が趣味であと2県行けば47都道府県全てに行ったことになるので、早く制覇したいですね。

旅行の代わりに今は近場のキャンプ場とかグランピングに行っています。
最近家族で行ったのは千葉にあるザ・ファームのグランピングで、今月も同じく千葉にあるBUB RESORTのコテージに行ってきます。

【社員紹介】林さん



あとジェットスキーの免許を取得しましたが、ペーパードライバーになってしまっているので、家族や友人と海にいって、ペーパードライバーを返上しないといけないですね!」

【社員紹介】林さんプライベート


――非常に多趣味ですね!ご家族でグランピングは楽しそうです♪早く2県も行けるとよいですね。それでは、本日はお時間いただきありがとうございました!


この記事が参加している募集

#社員紹介

6,649件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。 ライズ・コンサルティング・グループへご興味をお持ちいただけましたら、下記ボタンをクリックしてお気軽にご応募ください。