見出し画像

兵頭さんへのインタビュー

こんにちは!
ライズ・コンサルティング・グループ広報担当です。
本日ご紹介するのは、新卒入社でアナリストの兵頭さんです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<ライズで働くことを決めたのはなぜですか?>
理由は、特定のインダストリーやソリューションに縛られず、幅広い案件に携われると考えたからです。インダストリーとは「金融業」や「製造業」などの業界のことを、ソリューションとは「M&A」や「業務改善」などのサービスのことをここでは表しています。多くの大手コンサルティングファームでは、例えば「金融業界×M&A」といったインダストリーとソリューションの2つの軸でコンサルタントの専門性が固定されます。しかし、私は興味の幅が広い人間であるため、少なくとも若手の内は専門性を固定せずに様々なインダストリー・ソリューションの案件に携わる中で、長期的に専門性を磨きたいと思える分野を見つけようと考えたため、それが実現できるライズを選択しました。

<業務内容/参画しているプロジェクトを教えてください>
現在は、お客様の全社改革プロジェクトに参画しています。私の業務は主に2つに分類でき、1つが調査・分析で、もう1つが調査・分析をもとにした資料作成です。スライド一つ作るにしても、「お客様に何を伝えたいのか、それを伝えるためにどのような調査・分析が必要なのか、その結果をどのようにまとめれば伝わりやすいスライドになるか」をしっかり考えないと価値のある資料にはならないということを業務の中で実感しており、難しくも楽しい仕事だと思っています。

<ライズに来てよかったと思う点を教えてください>
他社を知らないため相対的にどうなのかということはわかりませんが、ワークライフバランスは良いと思います。一般的にコンサルティングファームは激務であると言われることが多いですが、私は仕事終わりにも休息や自己研鑽の時間を十分に確保できています。

<今後どのような業務に関わっていきたいですか?>
今後は、インダストリーとしては「金融」や「官公庁」、「プライベートエクイティ」の案件に携わりたいと考えています。また、ソリューションとしては「M&A」や「事業再生」、「新規事業」といった領域にチャレンジしたいと考えています。

<最近ハマっていることはありますか?>
最近ハマっているのは、huluを見ることです。特に、同期の方にお勧めしてもらった“SUITS“というアメリカの弁護士がテーマのドラマにハマっています。ネコの親権(?)争いからM&Aにまつわる訴訟のような幅広い案件に対し、主人公や周りの人間が時にはグレーなことをしながら法律で戦う様は、非常に刺激的で面白いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ありがとうございました!

※この記事は2020/6/9にFacebookに投稿されたものです。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。 ライズ・コンサルティング・グループへご興味をお持ちいただけましたら、下記ボタンをクリックしてお気軽にご応募ください。