見出し画像

会社の成長に貢献していく実感をプロジェクトやプロジェクト以外の活動を通じて得るために(シニアマネージャー古藤さん)

こんにちは!
ライズ・コンサルティング・グループ広報担当です。
本日は中途入社で古藤さんをご紹介致します。
--------------------------------------------------------------------------------------

<これまでのキャリアを教えて頂けますか?>



新卒でNTTドコモに入社し、経営企画、IR(投資家向け広報)、法人営業等に従事し、長く在籍しました。会社が好きで楽しく仕事をしていたのですが、当時MBA取得のため通学していたビジネススクールで社外の様々なバックグランドを持つ仲間と共に学ぶことで刺激を受ける中で、人生でドコモ以外の世界も知りたく、また組織変革に携わり自身をストレッチしたいという思いが強くなり、コンサルティング業界に飛び込みました。これまでは、アクセンチュア、ベイカレントと急成長を実現しているファームに身を置き、出身である通信業のクライアント以外にも、外資系生保、製薬業など様々な業界のクライアントを担当し、業務系のプロジェクトを中心にキャリアを積んできました。

<ライズで働くことを決めたのはなぜですか?>



会社の成長に貢献していく実感をプロジェクトやプロジェクト以外の活動を通じて得たかったからです。アクセンチュア、ベイカレントでの学びはとても有益でしたが、規模が大きく経営との距離も感じており、会社の成長を支えているんだ(支えていくんだ)という実感を渇望する気持ちが強くなってきました。

そのようなときに、転職エージェントよりライズの紹介を受けました。選考を進めていく過程で、スタートアップのマインドが旺盛で様々なチャレンジを行っていること、実行に重きを置いているところに好感を持ちました。また、会社の基盤を強化していく取り組みも積極的に行っており、プロジェクト外の活動を通じて、上記で言及した「会社の成長を支えていくんだ」という実感を得ることができそうだという確信を持てました。加えて、面接官(経営陣)とコミュニケーションしていく中で、人間的な魅力を感じたことも、ライズ入社の決め手になりました。

<参画しているPJや施策、それに対して思うことなどあれば教えてください>


大手機械業のクライアントの経営管理システムの刷新に取り組んでいます。その中で、私はトレーニングチームに所属し、各拠点への円滑な導入に向け、トレーニングマニュアルの準備、それらの進捗の強化や他チームとの連携を中心に行っています。クライアントのビッグイベントに立ちあえるのはやはり私たちの仕事の大きな魅力だと思います。クライアントとまさにワンチームで働くスタイルは、ライズらしさの一つの現れなのだろうなと理解しているところです。
<ライズに来てよかったと思う点、驚いた点、入社前後のギャップなどあれば教えてください>
ライズに来てよかったと思う点は大きく2つあります。一つ目は経営との距離の近さです。常日頃から経営陣とコミュニケーションを取れる機会が豊富にあり、経営会議などを通じて、「これほど知っていいのか笑」というくらい情報が社員全員に提供されます。会社が向かおうとしているところが経営陣から熱く語られ、そして、様々な意思決定に私たち社員を巻き込んでコミュニケーションを取り、反映されていく様を目のあたりにしています。これは働くうえでとてもモチベーションが喚起されます。
二つ目はプロジェクトの品質管理・向上に本気で拘っているところです。ファームにおける品質管理部門の取り組みというと、就業時間の管理やナレッジの集約等に終始しているケースが多いのではないでしょうか。ライズでは、品質とは何かを定義・可視化し、そのために採用、アサインメント、人材育成といった取り組みを緊密に連携させて、社としての足腰を強くしようとしています。一般的に想起されるファームの「クールでドライ」なイメージとは一線を画しています。

<今後どのような業務に関わっていきたいですか?挑戦したいことなどありますか?>


「人・組織」に拘っていきたいと考えています。様々な仕事、プロジェクトを経験しましたが、経営資源の「ヒト」、「モノ」、「カネ」の中で最も私の関心が高まってきたのが「ヒト」の話です。「ヒト」がイキイキと働き、ユニークネスを発揮することが、組織として成果の最大化に繋がっていくと考えています。エンゲージメント、アサインメント、品質管理、採用など、プロジェクト外の活動にも積極的に携わり、ライズの「足腰」の強化の一躍を担いたいなと思っています。

<休日の過ごし方/最近ハマっていること・好きなことなどがあれば教えてください>


スポーツが好きで、草野球のチームで週末は早朝から練習や試合を行ったり、ランニングが好きで様々なロードレースに出走したりとスポーツに多くの時間を充ててきました。昨年子供が誕生してからは、一人で外出する時間が限られ、公園に出かけるなど家族と過ごすことが増えています。数年後には、キャッチボールをすることが楽しみですが、「肩が痛い」、「腰が痛い」など言わなくていいように笑、週1回パーソナルトレーニングに通い、体幹を鍛えています。特にスクワットの記録更新に一喜一憂しています。

------------------------------------------------------------------------------------ありがとうございました!

この記事が参加している募集

#社員紹介

6,649件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。 ライズ・コンサルティング・グループへご興味をお持ちいただけましたら、下記ボタンをクリックしてお気軽にご応募ください。